マーカス・フィスターを買うならココ~!

絵本が大好きな4歳の息子も気に入っていて!ひらがなだけなので子供でも読めます…文章は長いですが。息子はきらきらうろこがお気に入りで!お気に入り絵本になった様子。みんながうらやましがったキラキラウロコを自慢しても幸せな気持ちにはなれず!ほしがる人みんなに分けてあげたら!自分のキラキラウロコは1枚になってしまったが!幸せな気持ちになれたというお話しです。

イマが買い時!

2017年06月22日 ランキング上位商品↑

マーカス・フィスターにじいろのさかな (世界の絵本) [ マーカス・フィスター ]

詳しくはこちら b y 楽 天

大人でもこの本を読んでもらいたい人がいますね・・・(私も考えさせられました)子供にも何か感じとってもらえれば嬉しいです。小さいサイズのものと迷いましたが!娘が絵が大きいほうがいいというのでこちらにしました。シリーズものみたいなので!他の絵本も少しずつ増やしていきたいです。お話を読みながら友達について娘と話したり、たぶんまだ完全に理解は出来ていませんが、娘なりに考えたようです。ただ!残念ながら翻訳が好きでないので(翻訳者の詩は大好きなのですが)!読み聞かせの時は「ですます」に変える等工夫しています。きらきらうろこを持ってるにじうおは自分の自慢ばかりしてお友達が出来ない。(自慢話は!嫌われる‥親にもちょっと耳の痛い話です)赤ちゃん用の英語版ボードブックは持っているのですが!少し大きくなった上の子のために内容が省略されていない日本語版を購入しました。子供(1歳)も絵がキラキラ光るので興味深げに見入っていました。世の中!こうなればいいのになぁ!こうしていきたいなぁと!大人が読んでも感じます。買ってよかったです。他のレビューにあったように!言葉が荒いところが気になりました。キラキラしてとても綺麗な絵本なのはもちろんですが!内容はとても深いです。以前からずっと欲しかったのですが、お値段が高めなので躊躇っていましたが思い切って購入しました。私は分かち合う意味や!本当の美しさを子供に伝えれるよう読めればと思っています。ただ!ストーリーは1歳児には長過ぎるので!読んでいても最後まで聞いてくれませんが!『さかなキレイねぇ』と見ている姿は微笑ましいです。豊かな時代だからこそ見失いがちなことを教えてくれる本です。他のシリーズも揃えたいな!キラキラしたウロコの部分がお気に入りです。この本、むちゃくちゃ有名ですよね!とにかく絵がきれい!ご家庭で読み聞かせ用でミニ絵本4冊セットがあるみたいです。純粋に描が綺麗ですので!子供は喜んでくれると思います。見た目も綺麗なので、本人は喜んで見ています。持てるものは持たぬものに分け与えよ、そうすれば最後にすべてを失ってもそれに替わるかけがえのないものを手に入れることができるのだよ・・・という教訓を含んだお話です。魚が好きな娘の為に思い切って購入しました。にじいろの魚が、キラキラとてもきれいだったことと、友達を大切にしようというテーマのストーリーにひかれ購入しました。その部分は読み聞かせの表現で意味を伝えるようにしています。大人も子供も楽しめる絵本です。。そのあたりの説教臭いところは抜きにしても、にじいろの魚のうろこがキラキラしているのが美しいので、純粋に見て楽しめる絵本ですね。ひとりで多くを持つよりも!みんなで分けあった方がみんなしあわせ!ということを楽しく学べる絵本です。本自体は大きいので子供が持つには不向きですが美しい絵が大きく見れるので良いと思います。赤ちゃんにも分かりやすく友だちと分かち合う大切さを伝えることができ!装丁の美しさと合わせて素敵な絵本です。日産のキッズコーナーで見かけ、絵があまりにも綺麗で気に入ってしまい楽天ブックスで探して買いました。私は学校で使うためこの大きいのにしました。どうしたらお友達ができるのか・・・にじうおはそれまで誰にもあげなかったきらきらうろこをみんなにわけてやったら幸せな気持ちになってお友達ができたというお話。青を基調にした涼しげな表紙なので!今の暑い時期!表紙を表にしてそのまま飾りだなに飾っておいてもオシャレです。綺麗な容姿に自信満々で!威張りちらす一匹狼のにじうおが!最後に本当の幸せ・本当の美しさを知るという所に感銘を受けました。やはり大きいと迫力があり、絵がとてもきれいなので、こちらにしてよかったと思います。友達がやっているcafeに置いてあるこの本を息子がやぶってしまったのでプレゼント用に購入。とてもおすすめの絵本です。大人も楽しめる絵本です。評判通り絵がとても綺麗で、子供の美術の刺激にもなればとも思っています。同日にもう1冊注文したのですが、同梱はしてもらえず手数料が2回かかったのでマイナス1です。内容も「金品を恵んで惹きつける」と受け取るか!「幸せを分かち合う」か!読んであげる人の気持ちが出てしまいそうですね。分け合うことで感じられる幸せな気持ちは、3歳の息子にはまだわかってもらえないようで相変わらず自我は強いですが、そのうちいつかわかってくれたらいいな〜と願います。